VIO脱毛とハイジニーナのメリット。痛い!とにかくこれがリスク

脱毛したい…けど、ちょっと勇気がいるのがVIOラインの脱毛ですよね。そもそもVIOとはどの部分のことなのか、そして、最近よく耳にするハイジニーナとは何のことなのでしょうか。

そして、VIOといえば、デリケートゾーンの脱毛ですからどうしても痛みが気になります。そして、施術のときにスタッフに陰部を見られることへの恥ずかしさも気になりますよね。今回はVIO脱毛とハイジニーナについて徹底的に説明していきます。

目次

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛やハイニジーナには、それぞれメリットとデメリットがあります。まず、メリットとしては

  • デリケートゾーンを清潔に保つことができる
  • 見た目が良くなる
  • 自己処理が楽

というものです。アンダーヘアがあると不潔というわけではありませんが、やっばりアンダーヘアが少ない方が蒸れが軽減できますので清潔な状態を保ちやすいというメリットはあります。また、生理中のあの特有の臭いが少なくなった気がするという方もいらっしゃいます。生理の臭いそのものが減るわけではなくて、アンダーヘアが減ったことで蒸れや擦れが減った結果臭いの軽減につながったのかもしれませんね。

https://www.instagram.com/p/Bxy-o2unqV3/

そして、脱毛ですから当然見た目も変わります。OラインやIラインは自分ではあまり見ないかもしれませんが、Vラインは入浴中などに見えますので、脱毛してツルツルにしたり形を整えると見た目は良くなります。特に、今までアンダーヘアの処理をしていなかったという場合は、見た目の違いを顕著に感じることができるでしょう。

VIO脱毛をしてアンダーヘア処理するとアンダーヘアの処理が楽になりますので毎日の負担が減るというメリットもあります。

 

デメリットとしては

  • 施術の時に痛みがある
  • 施術の時に恥ずかしい
  • 一度施術すると元に戻せない

デリケートゾーンを脱毛するときにはどうしても痛みがあります。もちろん、痛みの感じ方は個人差がありますので痛くないという方もいらっしゃいますし痛くて辛いという方もいらっしゃいます。デリケートゾーンなので痛みに関してはデメリットといっていいでしょう。

https://twitter.com/shosho_sensei/status/1181501649795321856

そして、施術の時にどうしてもデリケートゾーンをスタッフさんに見られてしまうので恥ずかしい気持ちになることもあります。紙パンツの用意があるので直接見られるわけではありませんが、同性でもやはり恥ずかしさはあります。慣れてくる気はしますがそれでも恥ずかしさもデメリットになります。

最後に、デリケートゾーンの脱毛は一度脱毛は施術をしてしまうと、元には戻せません。ですので失敗しないようにしましょう。また、ほとんどの場合、アンダーヘアを残す脱毛でも一度はすべてのアンダーヘアを剃っていきますので、そのあたれもデメリットといえるかもしれません。

 

VIO脱毛とハイジニーナの違い

VIO脱毛とハイジニーナの違い

VIOとハイジニーナはどちらも「デリケートゾーン」のことです。ですが、全く同じ意味ではありません。まずは、VIOとハイジニーナの違い、そして、VIO脱毛に向いている方法を確認していきましょう。

VIOとハイジニーナは似ている言葉ですが意味は微妙に違っています。

VIOは、デリケートゾーンのことです。Vラインは、デリケートゾーンの上の部分で下着やビキニの前がわのラインのことです。アンダーヘアがある位置をVラインといいます。そして、Iゾーンは、陰部の両側です。ここは自分でもなかなか目にすることがない部分ですよね。そして、Oラインはお尻の穴の周りのことです。それぞれのシルエットに合わせてVIOラインと呼んでいます。VIO脱毛の場合は、すべてのアンダーヘアを脱毛せずに、一部を残したり、綺麗な形に整えることを言います。

そしてハイジニーナは、「衛生」という意味の言葉「hygiene(ハイジーン)」から生まれた言葉です。これは、蒸れや汗などで衛生的な管理が難しいVIOラインのアンダーヘアをすべて脱毛して衛生的に保つことを意味しているのがハイジニーナです。つまりハイジニーナというと、一般的には、アンダーヘアに全部脱毛することです。つまりハイジニーナをするとムダ毛が一切ないツルツルの状態になります。

もともと、アンダーヘアを処理しない人もいる日本人にとってはあまりなじみがない方法かもしれませんが、海外では一般的なものですし、セレブの間でもハイジニーナが流行していると言われています。もちろん、アンダーヘアがあると不潔というわけではありませんが、蒸れや汗の事を考えると、アンダーヘアがない方が衛生的な状態を保ちやすいという側面があるのは事実です。

ハイニジーナにすると生理の時の臭いや蒸れが減ったという人もいます。ハイニジーナにはどうしても抵抗があるという方はVIO脱毛の時に一部のアンダーヘアを残すとう方法もあります。

 

VIO脱毛やハイジニーナに向いている脱毛方法は?

脱毛といってもいろいろな脱毛方法があります。サロンでの採用率が高い光脱毛や脱毛クリニックでよく採用されている医療レーザー脱毛、そして、家庭用の脱毛器やハサミ、かみそりなど様々です。

デリケートゾーンの脱毛をする場合は、自己処理よりサロンやクリニックでの脱毛の方が安心です。自分ではなかなか見えないところですし、デリケートな場所ですから万が一のことがないように万全の態勢で脱毛したいものですよね。

自己処理をするときに使うことが多いT の字カミソリ、毛抜き、除毛クリームは、脱毛の際に皮膚を傷つけてしまう恐れ大。ですから、よく見えないうえに形が複雑なデリケートゾーンの脱毛には向いていません。除毛クリームなら傷つける心配はありませんが、毛根から毛を取り除くほどの成分ですから、デリケートゾーンに直接塗布するのは避けたいところです。

サロンでよく使用されている光脱毛や、クリニックでの採用率がたかい医療レーザー脱毛はVIOラインの脱毛にも向いていますし、ハイジニーナも可能です。大切な場所ですから、プロにお任せするほうがよさそうですね。

サロン脱毛より医療脱毛の方が脱毛効果が高いのはデリケートゾーンでも他の部位でも同じです。ですが、形が複雑で見えにくいデリケートゾーンを自分で処理するのはとても危険…傷つけてしまうと大変ですから、サロンやクリニックでの脱毛をオススメしたい部位といえます。

 

VIO脱毛はどのくらいの料金でどんなコースがあるの?

VIO脱毛はどのくらいの料金でどんなコースがあるの

VIOラインの脱毛をしたいけど…料金やコースが気になりますよね。まずは、VIO脱毛の大体の相場とコースを見てみましょう。

全身脱毛でVIOも脱毛できるコースもある

料金体系はサロンやクリニックによって変わりますが、VIO専用のコースがあるところと、全身脱毛にVIOも入っているところ、そして、全身脱毛にプラスしてVIO脱毛をセットにできるところがあります。

エステ脱毛の場合は、大体3~5回で効果を実感し始めて、完全にアンダーヘアがなくなるまでに18回位の施術が必要とされています。そして、医療脱毛の場合は、効果を感じるまでが2~3回で、完全にアンダーヘアがなくなるまでが大体5~6回の施術とされています。

もちろん、毛質などによって差はありますが、一回でアンダーヘアの脱毛がすべて終わるわけではないのは確かです。何度か通ってちょうどいいタイミングで施術を終えるという方法が一般的です。

料金の相場は?

VIOラインの脱毛の相場はサロンやクリニックによってかなり幅があります。サロン脱毛の場合、1年間の費用で大体15万円程度、クリニックの脱毛で10万円程度が相場になっています。サロンの脱毛は回数を重ねる必要がありますので費用が少し高い傾向があります。

ですが、キャンペーンなどでもっと安くなる場合もありますし、毛質などによってはもっと回数を重ねる必要がある場合もありますので、一概に〇〇円といえない要素が多くなります。

少しでも安く脱毛したいのであれば、キャンペーンなどを活用して一番お得なタイミングで契約するようにしましょう。

VIO脱毛は何かと不安…服装や痛みはどのくらい?

VIO脱毛は何かと不安…服装や痛みはどのくらい

VIO脱毛で一番心配なのは、痛みや恥ずかしさ、そして、服装などですよね。どうしても恥ずかしさは出でしまいますし、デリケートゾーンだからこそ痛みも気になるものです。腕や足の脱毛より不安が大きくなりやすいVIO脱毛の不安な部分をチェックしてみましょう。

VIO脱毛をする時の服装は?

VIO脱毛をする時の服装は

まず、VIO脱毛をするときの服装ですが、サロンやクリニックに行くときは何を着ていても構いません。脱毛前に専用のガウンと紙パンツを用意して貰えるので、それに着替えてから施術を受けます。紙パンツがあるとそれだけで「かなり恥ずかしさが違う」という人もたくさんいらっしゃいます。

そして、施術の時にはこの紙パンツを少しずつずらしながら施術していきます。施術の時の態勢はベッドに仰向けになっていればOKです。あとは、少しずつ紙パンツをずらしながら施術してくれるので、寝ていればOK。一番恥ずかしさが少ないといわれているのがVラインの脱毛で、恥ずかしい…という人が多いのがIラインです。Iラインの脱毛では膝を立てて脱毛していくのでちょっと恥ずかしいと感じるかもしれません。そして、Oラインは、うつ伏せです。

どうしても意識してしまう部分ですが、相手はプロですからあまり意識せずに寝ていれば大丈夫です。

VIO脱毛の方法と流れを見てみよう

VIO脱毛の方法と流れを見てみよう

一般的に、デリケートゾーンの脱毛ではVライン→Iライン→Vラインの順番で脱毛していきます。基本的に、VラインとIラインは仰向けで脚を立てたり曲げたりして施術し、Oラインはうつ伏せで施術していきます。

陰部やお尻を見られるので、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、スタッフさんもなれていますしそんなに時間をかけずに手早くやって貰えるので、あまり気にすることはありません。

以前は、紙パンツの用意がなくてそのままVIOの脱毛を…というところもあったのですが、今はほとんどのサロンやクリニックで紙パンツが用意されています。そして、体制を聞いたらもうお分かりになるかと思いますが、ほとんどのサロンやクリニックでVIOラインの脱毛は、生理中には施術できません。出血があるのですから当然ですが、VIO脱毛の時は生理にかからないように計画的な脱毛がオススメです。

VIO脱毛の痛みはどのくらい?

デリケートゾーンですから、どうしても痛みが気になるものです。VIO脱毛は何回も通うことになりますから、我慢できないくらいに痛いのは嫌ですよね。

一般的に、サロンの光脱毛の方が医療脱毛と比べて痛くないと言われています。脱毛器にもいろいろな種類がありますし、サロンによって少しずつ脱毛器のタイプが違います。医療脱毛でも痛くなかったという人もいますし、サロン脱毛でも痛かったという人もいます。痛みの感じ方は人によって違いますからこればかりは最初の施術を受けてみないことにはなんとも言えません。

脱毛時の痛みとしては、チクチクする痛みという人もいますし、少し熱い感じがするという人もいます。そして、ほとんど痛くなかったという人もいらっしゃいます。一般的にサロン脱毛の方が痛みが少ない傾向はあるようですが、マシンとの相性などもあります。そして、医療脱毛はサロン脱毛と比べて痛みを感じやすいものの、脱毛効果が高いのでサロン脱毛より少ない回数で済むというメリットがあります。また、痛みが気になるという方の為に麻酔クリームを用意してある医療脱毛クリニックもありますので、痛みが気になるという場合は、麻酔クリームの使用ができるかを予め聞いておきましょう。

店舗によっては、無料カウンセリングの時に照射テストをしてくれるところもあります。

デリケートな部分ですから、痛みが心配という場合はカウンセリングの段階でしっかりと質問しておきたいですね。

VIO脱毛でアンダーヘアを残すこともできる!

VIO脱毛でアンダーヘアを残すこともできる!

ハイジニーナの場合は、デリケートゾーンすべてのアンダーヘアをツルツルにしてしまいますが、VIO脱毛という場合は一部のアンダーヘアを残すことができます。もちろん、すべてツルツルにしてハイニジーナにしてもいいのですが、全部アンダーヘアがないのもちょっと寂しい…という方は、アンダーヘアを適度に残したVIO脱毛も可能です。

アンダーヘアの残し方として今、人気があるのがアンダーヘアをデザインするという方法です。サロンやクリニックによって違いはありますが、いろんなデザインがあります。アンダーヘアをデザインする…ピンとこないかもしれませんが、アンダーヘアをデザインして選ぶ方法はとっても人気があります。

デザインの例としては、トライアングル、オーバル、スクエア、ハートなどなど。異性に見られることを意識してアンダーヘアをデザインする方もいらっしゃるそうですよ。

ハイニジーナはちょっと抵抗がある…とか、脱毛をして整えたいけど全部なくすのは嫌だという方は、一部のアンダーヘアを残してVIO脱毛をするという選択肢もあります。選べるデザインなどはサロンやクリニックによって違いますので、カウンセリングの際にスタッフに相談してみましょう。

男性受けはいいの?

男性受けはいいの

アンダーヘアの処理をするとき、どうしても気になるのが異性の反応です。大切な人との営みの時に、アンダーヘアのせいで引かれてしまったら…と心配になる方は少なくありません。

デリケートゾーンの脱毛に関しては、好みにかなり左右されるのですが脱毛しているからといって受けが悪くなるというわけではありません。日本人の場合、ハイニジーナに関しては馴染みがないので、慣れていない男性もいますが、これも完全に好みの問題ととっていいでしょう。

パートナーがすでにいるという場合は、それとなく聞いてみるといいかもしれません。

パイパンにすると彼に喜ばれる?

パイパンにすると彼に喜ばれる?

アンダーヘアが全くない状態の事をパイパンといいますが、これを喜んでもらえるかは相手の好みによります。

好きという男性もいますし、アンダーヘアの処理はしていないほうがいいという方もいらっしゃいます。彼の反応が気になるようなら、聞いてみるほうがいいでしょう。

VIO脱毛前には自己処理も必要?その方法は?

VIO脱毛前には自己処理も必要その方法は

VIO脱毛の前には、ある程度の自己処理をしてからサロンやクリニックに行くこともあります。シェービングが有料の場合は、少しでもコストを抑えるために自分で処理をしてから施術に臨むという方法もありますが、注意点もあるので見ていきましょう。

自己処理をするときに注意したいこと

自己処理をするときには、傷つけてしまわないように最新の注意を払うようにしましょう。デリケートゾーンな場所ですので、傷つけないように鏡などを使ってゆっくり丁寧に処理をするのが前提です。

まず、自己処理をするときの大まかな流れを確認しましょう。

  1. まずはハサミでムダ毛をカットする
  2. 電気シェーバーやトリマーを使ってムダ毛のキワを丁寧に整える
  3. 陰になって見えにくい部分は鏡を使用してゆっくりカットする

施術を受ける前の自己処理は、できるところまでしておけOKです。無理をして傷つけてしまうと施術にも影響する可能性もありますので、ゆっくりと処理していきましょう。特にお尻の穴の周りのOラインは鏡を使っても見えにくい場所ですので、無理に自己処理しようとすると肌を傷つける可能性大です。ですので、決して無理はせずにできない部分の自己処理はスタッフさんにお任せしましょう。
自己処理での剃り残しがあっても、シェービングをして貰えばいいわけですから、たとえ費用がかかったとしてもあくまできない場合はお任せするほうが安心です。

電動シェーバー・トリマーを使う

デリケートゾーンの自己処理をする場合には、電気シェーバーやトリマーの使用がオススメです。まずはハサミで長い毛をカットしてからトリマーや電気シェーバーを当てて処理していきましょう。処理の際には、ジェルやクリームを使って刺激を減らすようにしてくださいね。

剃刀は使用しない

ムダ毛の自己処理でよく使われる剃刀ですが、デリケートゾーンの自己処理には向いていません。見えにくく形状が複雑なデリケートゾーンの自己処理に剃刀を使うと肌を傷つける可能性大!デリケートゾーンの自己処理は無理な体制になることもありますし、剃刀は危険です。

手軽で便利な剃刀ですが、デリケートゾーンの自己処理では使用を控えたいですね。

VIO脱毛はこんなときにできるの?

腕や足と違ってデリケートな部分だからこそいろいろと気になることもあります。生理や妊娠、そして、温泉やプールはどうなるのか…ひとつひとつ確認してみましょう。

生理中や妊娠中のVIO

腕や足と違って陰部の周辺も脱毛することになりますので、生理中はほとんどのサロンやクリニックで施術を受けることができません。腕や足などは生理中でも施術できるケースがありますが、VIO脱毛を生理中でも施術してくれるところはほとんどないと考えて間違いありません。

生理はある程度の予定は立てられるものの、必ずいつも予定通りにやってくるものではありませんが、サロンやクリニックによっては生理などのやむを得ない事情の場合は当日キャンセルができるところもあります。生理日がなかなか安定していなくてVIO脱毛の予約を取るタイミングが解らないという場合は、当日でもキャンセルできるサロンやクリニックを選ぶほうがいいかもしれません。

 

そして、妊娠中のVIO脱毛ですが、これはサロンやクリニックによって対応が様々です。ですが、妊娠中はホルモンバランスなどが変化していますし、身体も心もとてもデリケートな時期でもありますので、施術をしていないところが多くなっています。契約後に妊娠した場合には、施術を再開できるまで脱毛できる期間を延長してくれるサービスをしているところもありますので、妊活をしている方や妊娠の予定があるという方は、そういうサービスがあるサロンやクリニックを選びましょう。出産後、生理がまた始まったら施術を再開できるケースがほとんどですので、詳しくはスタッフさんに相談してみてくださいね。

感染症になっているときは?

VIOの脱毛は陰部や粘膜に直接触れることになりますので、感染症がある場合は施術を受けることができません。スタッフへの感染のリスクがあるのでこれは仕方ありません。これはサロン脱毛でもクリニックでもほとんど同じ対応になります。もちろん、感知すれば施術を受けることができますので、感染症になった場合はまずは治療を優先して感知してからVIO脱毛を受けるようにしましょう。

もちろん、感染症であることを隠して施術を受けるのはマナー違反、ルール違反ですので絶対にやめましょうね。

黒ずみや色素沈着があるときは?

陰部に黒ずみや色素沈着がある場合は、脱毛器の特質や脱毛方法によっては施術を受けることができないケースもあります。ムダ毛の色素に反応して脱毛するタイプの脱毛器では色素沈着や黒ずみがあるとうまく脱毛ができないことがあるからです。

日焼け肌でも施術できるサロンなら色素沈着や黒ずみがあってもVIO脱毛の施術ができるケースもあります。少し恥ずかしいかもしれませんが、無料カウンセリングの段階でスタッフさんに相談しておく方がよさそうです。

粘膜のアンダーヘアは?

VIOラインには、粘膜の上にムダ毛が生えていることもありますよね。この部分の脱毛もしたいというかたもいらっしゃることでしょう。粘膜のムダ毛に関しては、サロン脱毛の場合はほとんどの場合、照射できないという対応になるようです。もちろん、サロン脱毛でもギリギリのところまでは照射してもらえますが粘膜の上への照射は原則としてNGです。デリケートな部分ですからリスクを考えると仕方ない対応です。そして、医療脱毛クリニックで受ける医療レーザー脱毛の場合は、条件によっては粘膜への照射ができるケースもあります。

粘膜の上のアンダーヘアの処理をしたいという場合は、あらかじめ相談しておく方が安心です。カウンセリングでどのような対応になるのかを確認しておきましょう。

VIO脱毛の施術の後にプールや温泉にいってもいいの?

VIO脱毛をしたら友人との温泉やプールもいきやすくなりますよね。ですが、脱毛直後の肌は刺激を受けた直後でとてもデリケートな状態になっています。ですので、ほとんどの脱毛サロンや脱毛クリニックでは施術当日の温泉やプールの利用は禁止と指導されています。

ずっと温泉やプールに行けないというわけではありませんので、デリケートゾーンの脱毛施術直後の温泉やプールの利用は肌トラブルを避けるためにも辞めておきましょう。

臭いや濡れが気になってしまう

VIOゾーンは粘膜がある部分ですから、誰にでもある程度の臭いがあるものです。臭いがある場合、施術のときにスタッフさんに申し訳ない…とか恥ずかしいと思ってしまうものですが、施術の時にはマスクをしていることがほとんどですので、臭いはあまり気にすることはありません。また、施術の時には照射部分にジェルを塗布しますので濡れてしまってもほとんどわかりません。臭いもジェルで軽減さける部分がありますし、それほど気にしなくてはいけないことではないといっていいでしょう。

施術をするのはプロのスタッフですし、みなさん慣れていますので多少の事では驚くことはありません。あまり気にせずに気楽に施術してもらいましょう。

VIO脱毛が出来るサロン

自己処理をするよりプロに任せた方が安心のVIO脱毛ですが、主なクリニックとサロンのVIO脱毛の料金をまとめましたので確認していきましょう。

レジーナクリニックならVIO脱毛が可能

レジーナクリニックならVIO脱毛が可能

レジーナクリニックは、アレキサンドライトレーザー脱毛機という脱毛器を使用している医療脱毛クリニックです。施術スピードのアップによって最短8カ月で全身脱毛を完了できるというスピーディな脱毛が可能な医療脱毛クリニックです。全国に14院展開しており、交通アクセスがよく利用しやすいと好評です。蓄熱式脱毛機の使用で色素沈着や黒ずみがあってもVIO脱毛ができるケースもあるので、色素沈着や黒ずみがあるという方や色が黒いかたも相談してみる価値がありそうです。

 

住所 〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町25-9 シュウ渋谷6階

営業時間 月〜金:12:00〜21:00
土日祝日:11:00〜20:00
定休日 不定休

レジーナクリニックならVIO脱毛が可能

レジーナクリニックならVIO脱毛が可能

全身脱毛プラチナ(全身・顔・VIO)

1回 253,000円
5回 369,000円

全身脱毛ゴールド(全身・顔)

1回 210,000円
5回 273,000円

となっています。

そして、レジーナクリニックでは以下のすべてが無料です。

  • 初診料
  • 再診料
  • カウンセリング料
  • テスト照射
  • 剃毛料金
  • アフターケアクリーム
  • 治療薬
  • 処置料金
  • 予約キャンセル料
  • 肌トラブル時の追加照射

ほかのクリニックでは有料オプションになるものでも無料でサービスを受けられるのは大きな魅力です。

フレイアクリニックはVIO脱毛がいい

フレイアクリニックはVIO脱毛がいい

フレイアクリニックは、全国に7院展開している医療脱毛クリニックです。3つの波長を同時に照射できる脱毛マシンを採用し最短8カ月で全身脱毛を完了できるスピーディな施術が魅力です。次回の予約を施術時にとれるシステムや、蓄熱式の脱毛器の使用で痛みが少ないこと、そして、生理などの場合には当日キャンセルも可能です。

フレイアクリニックで使用している薬事承認を取得した蓄熱式脱毛機は、痛みが少なくスピーディな脱毛が可能です。1回の施術時間が短く最短で60分のスピーディな対応も可能です。また、蓄熱式ですから、褐色肌でも施術可能です。色素沈着や黒ずみがある方も相談できます。

フレイアクリニック 表参道院

住所 東京都渋谷区神宮前6-12-2 KTビル2階
営業時間 月~金 12:00~21:00/土日祝 11:00~20:00
定休日 なし

フレイアクリニックの料金メニューはこちらです。

フレイアクリニックでVIO脱毛ができる料金プランはこちらです。

月額制プラン スリムアップ脱毛 9,500円/月
(2ヶ月に1回全身脱毛) プレミアム美白脱毛 12,800円/月
回数パックプラン 18回(保証期間5年) 290,700円
15回(保証期間4年) 259,350円
12回(保証期間4年) 212,040円
10回(保証期間3年) 186,200円
6回(保証期間2年) 114,000円

セット料金

Vライン 1回 14,000円
5回 40,000円
8回 64,000円
Iライン 1回 14,000円
5回 40,000円
8回 64,000円
Oライン 1回 12,000円
5回 35,000円
8回 56,000円

回数ごとに料金設定がしてあるので、カウンセリングでどのくらいまでのアンダーヘアの処理規模しているかを確認してから契約をしましょう。

フレイアクリニックでは、乗り換え割 他のサロンからの乗り換えで割引(最大5万円割引)や、
学割 学生向け割引プラン (最大67,900円引き)も利用できます。キャンペーンの対象になっているという方は、お得に契約できますので要チェックです。

 

アリシアクリニックももVIO脱毛が得意

アリシアクリニックももVIO脱毛が得意

アリシアクリニックは都内を中心に全国に15院を展開している医療脱毛クリニックです。医療脱毛クリニックとしては珍しい、脱毛し放題のコースがあるなど、他の医療脱毛クリニックとは価格やコースが異なっています。アリシアクリニックの料金メニューはとてもシンプルですので、解り易く明快です。

予約の取りやすさ、通いやすさ、スタッフ対応の良さで評判のよい医療脱毛クリニックです。

住所 東京都中央区銀座6-13-16
ヒューリック銀座ウォールビル3F
営業時間 11:00~20:00
定休日 火曜日

アリシアクリニックの料金メニューを見てみましょう。全身脱毛セットにVIOがついたコースはこちら

脱毛プラン名 5回 8回 脱毛し放題
全身脱毛セット(VIO付き) 377,140円 542,520円 686,600円

VIOのみの脱毛コースはこちら

脱毛プラン名 5回 8回 脱毛し放題
VIO脱毛セット 157,500円 230,400円 297,000円
Vライン 96,000円 139,200円 171,600円
Iライン 74,000円 108,800円 136,400円
Oライン 37,000円 54,400円 68,200円

 

月額払いの場合はこちらになります

5回 8回 脱毛し放題
VIO脱毛セット   157,500円(税込)     230,400円(税込)       297,000円(税込)
月額払い     5,000円(税込) 7,300円(税込) 9,500円(税込)

 

アリシアクリニックの5年間脱毛し放題の場合、全身脱毛(両ワキ / 両ヒジ上 / 両ヒジ下 / 両手の甲&指 / 両ヒザ / 両ヒザ上 / 両ヒザ下 / 両足の甲&指 / 太もも一部 / 胸 / お腹 / 乳輪周り / へそ周り / 背中 / 腰 / えり足 / ヒップ)にVIOをプラスするコースも選択できます。5年間脱毛し放題という医療脱毛クリニックでは珍しい料金プランとなっています。

支払い方法や回数、組み合わせてプランが変わるのでまずは無料カウンセリングを受けるのがオススメです。

また、アリシアクリニックでは学割やペア割、のりかえ割引もありますのでお得に契約することもできます。

リゼクリニックは店舗が多くVIO脱毛が可能

リゼクリニックは店舗が多くVIO脱毛が可能

リゼクリニックは全国に20院を開院する医療脱毛クリニックです。トラブルの際の保証や、追加料金が少ない料金プランが魅力です。

リゼクリニックでは

  • 予約キャンセル料
  • 肌トラブルの保証
  • 医師によるカウンセリング

がすべて無料です。安心をモットーにした大手医療脱毛クリニックとして知名度も高く、利用していない人でもリゼクリニックという名前を聞いたことがあるという方もおおいのではないでしょうか。

住所 東京都中央区銀座8-8-8 銀座888ビル10F
営業時間 午前 10:00~14:00
午後 15:00~20:00
定休日 不定休

リゼクリニックでVIO脱毛ができる料金メニューはこちらです。

VIO脱毛セット 5回コース 92,800円(税別)
VIO脱毛セット 5回コース 月々4,100円(税別)×24ヶ月
トライアルプラン VIO脱毛セット 5回コース

痛みが少なくなるように配慮していること、そして、キャンセル料などがかからないことを考えるととてもリーズナブルな価格になっていることが解ります。3種類のレーザー脱毛器を完備して一番肌に合ったものを使用できるのもリゼクリニックの魅力です。

料金プランやVIO以外の他の部位との組み合わせなどは無料カウンセリングで相談できます。

 

ここまで医療脱毛クリニックをご紹介してきましたが、サロン脱毛の料金メニューも見てみましょう。医療脱毛より痛みが少ないと言われているのがサロン脱毛の魅力です。

ストラッシュもVIOが得意

ストラッシュもVIOが得意

ストラッシュは予約が取りやすく、最短半年で全身脱毛も可能な脱毛サロンです。最新の脱毛マシンを導入していて「医療関係者が選ぶ脱毛サロンNo1」に3年連続で輝いています。ストラッシュで使用しているSHR脱毛は痛みが少ないことでも評判が高く、できるだけ刺激をを避けたいVIOゾーン脱毛にも最適です。

住所 東京都渋谷区宇田川町26-5 3階
営業時間 11:00から21:00
定休日 不定休

ストラッシュの料金メニューはこちらです。

パックプラン6回 95,760円
12回 176,709円
18回 262,440円
都度払い 21,980円
月額制 7,980円

ストラッシュでは全身脱毛「全身61箇所」にVIOが含まれています。ですので、パックプランの契約でもVIO脱毛が可能です。パックプランは回数によって価格が設定されているのでどのくらいまで脱毛したいかによって契約する回数を選びましょう。

キレイモはVIOも対応

キレイモはVIOも対応

キレイモは渡辺直美さんのCMでも有名な脱毛サロンです。全国展開しており、店舗は駅の近くで通う安いと評判です。無料カウンセリングも丁寧でサロン内も綺麗で清潔に保たれています。未成年の方は無料カウンセリングに保護者の同伴してもOK。安心して施術ができる脱毛サロンです。冷却ジェルを使用せずに脱毛ができるので、ジェルを塗られるときのひやっとした感覚を我慢す必要がありません。痛みにも配慮してあるので、VIO脱毛で痛みが心配という方にもオススメです。追加料金なしでVIOも脱毛できるが嬉しいですね。

住所 東京都新宿区西新宿1-19-8 新東京ビルディング5F
営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休

キレイモの料金メニューはこちらです。

月額制プラン

スリムアップ全身脱毛 月額9,500円(税別)
プレミアム美白脱毛 月額12,800円(税別)

パックプラン

6回 114,000円(税別)
12回 212,040円(税別)
18回 290,700円(税別)

キレイモでVIO脱毛をする場合はこちらのプランになります。月額制プラン、パックプランのどちらでもVIO脱毛をすることができます。

ミュゼプラチナムもVIOができる

ミュゼプラチナムもVIOができる

ミュゼプラチナムは全国に193店舗展開している大手の脱毛サロンです。全国のサロンで移動して施術ができるので、引っ越しや転勤の予定があっても大丈夫!アプリで24時間いつでも予約や予約の変更ができるのも便利です。そして、ミュゼプラチナムでは美容成分フラーレンを使用したジェルや肌を冷やしながら脱毛することで痛みを軽減する脱毛方式をとっています。この冷却脱毛はVIOなどのデリケートゾーンの脱毛の痛みにも効果的です。ミュゼプラチナムのVIO脱毛はほとんど痛みがないという人も多く、とにかく痛くない方法でVIO脱毛をしたいという人にオススメの脱毛サロンです。

住所 東京都渋谷区渋谷1丁目14-14 TK渋谷東口ビル5F
営業時間 10:00~21:00
定休日 なし

ミュゼプラチナムでは、ハイジニーナの専用プランか設定されています。デイプランとレギュラープランで価格が変わりますので、自分のライフスタイルにあったほうを選んで契約しましょう。

ハイジーナ7脱毛 デイプラン(平日昼間) 通常価格 アプリダウンロード価格
1回 15,000円
4回 60,000円 30,000円
6回 90,000円 45,000円
ハイジーナ7脱毛 レギュラー(いつでも利用可能) 通常価格 アプリダウンロード価格
1回 18,000円
4回 72,000円 36,000円
6回 108,000円 54,000円

 

銀座カラーもVIOができる

銀座カラーもVIOができる

銀座カラーは、満足度No.1を追求している脱毛サロンで全国53店舗展開しています。IPL脱毛という脱毛方式を採用していて、痛みが少なく脱毛効果が高いことでも知られています。

保証制度が充実していること、そして、お客様満足度の高さ、アフターサービスの充実などいろいろな魅力がある脱毛サロンです。川栄李奈さんのコマーシャルでもおなじみですよね。また、銀座カラーでは安心のため医療機関との提携をしています。医療脱毛クリニックではありませんが、ドクターサポートを受けられる環境が整っているのも嬉しいポイントですよね。

施術がの後にハーブティーを提供しているくれたり、夜21までの営業、そして、アメニティの充実など施術以外の部分でも様々な配慮があります。

 

銀座カラー銀座本店

住所 〒104-0061
東京都中央区銀座 4-2-2
第1弥生ビルディング 3F
営業時間 平日 12:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
駐車場 なし

銀座カラーのVIO脱毛は

全身VIPハーフ脱毛というコースがあります。このコースでは、

デリケートチョイス(両ワキ、両手の甲と指、両足の甲と指、おへそ周り、おへその下、Vライン(上)、Vライン(サイド)、両ひざ、乳輪周り、鼻下、口下、えり足、もみあげ、腰)から4箇所

スタンダードチョイス(両肘上、両肘下、両ひざ上、両ひざ下、背中上、背中下、胸、お腹、Vライン、Iライン、顔、ヒップ、ヒップ奥)から4箇所

を選んで脱毛するコースです。ここでVライン、Iライン、ヒップ奥を選べばデリケートゾーンの脱毛が可能です。

99,800円(20周年記念価格)

 

VIOセット

VIOセットは、Vライン(上部)、Vライン(サイド)、iライン、ヒップ奥が脱毛し放題のプランです。回数ではないので、納得できるまで脱毛できるのが嬉しいですね。

4ヶ所脱毛し放題 月額7300円

銀座カラーのVIO脱毛は、VIO脱毛し放題のプランが月額制プランとして設定されているので、回数性よりこちらがオススメです。納得できるまで脱毛し放題ですし、月額制プランなの゛途中で解約してもそれ以上の費用は掛かりません。

銀座カラーは料金プランが解り易いので、脱毛初心者の方でも安心して通えます。

銀座カラーに通っている方の口コミで多いのが「店内のカラーリングが落ち着いていて好き」というものです。銀座カラーのテーマカラーは大人っぽいワインレッドで、店内も大人っぽい雰囲気になっています。

まとめ

デリケートゾーンの脱毛…VIO脱毛とハイジニーナについてご紹介してきましたがいかがでしたか?VIO脱毛とはVIOと呼ばれるアンダーヘア部分を脱毛することですが、アンダーヘアをすべて処理してしまうまではなく、一部のアンダーヘアを残すこともできます。すべてのアンダーヘアを処理してツルツルにしてしまうことをハイニジーナといいます。この方法だとアンダーヘアは一切の凝らず、すべてツルツルの状態になります。日本人にはあまりなじみがありませんが、外国では一般的というところもありますし、海外セレブの間でも人気があります。ハイニジーナとはアンダーヘアを処理することで陰部を衛生的に保つことを意味しています。別にアンダーヘアを処理していないと不潔というわけではありませんが、臭いや蒸れの軽減になるのでメリットもあります。

VIO脱毛は見えにくく傷つける可能性があるので、自己処理は危険…。脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛が安心です。施術前の自己処理でも剃刀は使用せずに安全第一で処理をしましょう。もし、自己処理で剃り残しがあってもサロンやクリニックではシェービングサービスもあるので、残ってしまっても大丈夫です。

痛みや恥ずかしさなど心配なこともたくさんありますが、ほとんどのサロンやクリニックで無料カウンセリングを受けられるので、まずは無料カウンセリングを受けみるといいでしょう。陰部を見られるのは恥ずかしいものですが、施術の時は紙パンツを受け着用ししてその紙パンツをずらしながら施術するので、少しは恥ずかしさを軽減できます。

痛みに配慮した脱毛マシンの採用がサロンでもクリニックでも広がっていますので、VIO脱毛だから絶対に痛いというわけでもありません。デリケートゾーンの脱毛は不安も大きくなりますし、まずはカウンセリングを受けて安心して施術しましょう。

VIO脱毛も一般的になってきていますしメリットもあります。ですので、一度カウンセリングを受けてみられてはいかがでしょうか。